20170705_155919499920478.jpg

カズボート 実釣

木更津|イシダイ落とし込み

投稿日:2017年7月6日 更新日:

またまた、カズボートさんで石鯛の落とし込みにってきました。今回は菌所のイタリアンバルに頼まれて石鯛、金谷シーバスのご馳走便です。
とりあえず、石鯛からスタート!

石鯛は落とし込みで釣る場合には日没30分前くらいから日没までの食い気がたっているときがベストです。その時間帯になると石鯛が浮いてきて水深1mくらいでヒットします。
今回は先にい次第を釣りに行ったので深場での勝負です。浅い時には軽くアピールの強いカニ餌がいいのですが日中だと深くまで探れる貝のほうが圧倒的に釣りやすいです。

最近は待っているのは5.3mの磯竿です。これだと竿の長さのラインだけでも5mなので棚を制アックに細かく探っていけます。まずは竿一本分の長さで5mまで探りその後に1~2mづつラインを出してタナを探ります。
今回は7~8mラインを出したところで数回アタリがありました。貝だと一度合わせて外れてもまだ餌が残っているのでアタリがなくなるまでその水深を探ります。すると・・・・コツコツと竿先にアタリが!テンションを掛けたままゆっくりと竿先を送り込むとぐぐーーっと引き込まれます。この魚が反転したタイミングでゆっくりと合わせるのがポイントです。

一騎に合わせると口の中で針掛かりしたりすっぽ抜けの原因になります。強烈な引きで竿が水面にもっていかれますがねに入られないように初めは強引にファイト!ちなみに私は初期ドラグは3キロにセットして根から離れてきたらドラグを緩めて慎重にやり取りする感じですね。

 

石鯛を磯竿で釣る

 

かなり引きが強いので無理せずに小さなポンピングで寄せてきます。
何度かドラグを出されながらも少しづつ巻いて上がってきたのは自己ベストの58センチ!重さは測りませんでしたが4キロ前後はあると思います。

針も閂にがっちりと掛かってますね~これならばれません。

 

石鯛の閂にがっちりと針がかかる

それにしても歯が鋭い。。。
石鯛の歯は上と下に貝のような大きい歯が2つあるような形をしているので閂以外では針が刺さらずにすっぽ抜けてしまいます。また、針は飲まれた時もこの鋭い口で100ポンドのラインでもあっさりと切るほどです。そこで餌をしっかりとの口に入れた後に閂にかけるのがポイントです。

掛けるまでも難しく掛けた後も難しい。しかも、普通の石鯛釣りからしたらあり得ないライトタックルですからハマると本当に面白いですね。

58センチの見事な石鯛が釣れた

ボート落とし込みにて釣れた石鯛

人気記事一覧

-カズボート, 実釣

Copyright© ライトゲームフィッシング.com , 2017 AllRights Reserved.