とみ丸 実釣 未分類 鯛ラバ

外房|勝浦|鯛ラバでワラサにホウボウ

投稿日:2015年5月13日 更新日:

前回の続きです。

鯛ラバの三本針で2.7キロの中鯛をガッチリとフッキングして釣れました。
2本だったらバレていたのでは・・・なんて思います。20160302173829

 

よく、針の数が多くなると力が分散してしまうとか、1本針の方がシッカリと掛かるのでバレにくいとか聞きますが私の経験では鯛ラバ限ってはフックが多い方がバレにくいです。

鯛ラバでは、もともと口の中にしっかりとフックがかかることは少なく唇の薄皮一枚だったり今回のように下顎にかかるパターン顔多いです。
しかも、一気に3本が掛かるのではなく初めは1本で暴れているうちに残りの針が掛かります。そのためタイラバ用フックは刺さりがメチャクチャ鋭いです。

また、私は合わせますが鯛ラバでは合わせない人が多いので尚更、係りが浅くなるでしょう。そうするとしっかりと掛かることによるバレ防止よりはフックの数が多く確率的にバレにくい方が可能性が高いと思います。

ということで実釣の続きです。
1匹では安心でけいないので3本針テスト!

結論から言うとこのあとに6キロのワラサと40cmのホウボウもしっかりと釣れました。
ワラサはPE0.3号にリーダー2.5号です。本当はここまで細くする必要も無いのですが前回のフリップで使ったままでしたので極細タックルでした。20160302173841

20160302173843
20160302173845

ワラサの口を見てみると一番長い針が口の中にしっかりとフッキングしています。そのあとにも一つの針が下顎に刺さっていますね。
これならバレることはないです。

今回は初の三本針テストだったのですが好感触でしたので次回は何タイプか作って試したいと思います。
ちなみにタイラバ先生もしっかりとゲットしていました。20160302173859

人気記事一覧

-とみ丸, 実釣, 未分類, 鯛ラバ

Copyright© ライトゲームフィッシング.com , 2018 AllRights Reserved.