ヒラマサ 実釣 未分類 鯛ラバ

外房でヒラマサ!タイラバ・ジギング

投稿日:2015年5月29日 更新日:

行ってまいりました。

今日も川津のとみ丸さんにお邪魔です。
午後から予定があったので午前便での乗船です。20160302171607

この時期は4時集合ですが港にはアジ狙いの釣り人が沢山います。漁協前から港口に向けてコマセで釣っていました。
それにしても外房は朝日が綺麗ですね。

今日も水深は60~80mラインをパラシュート入れて流します。大体、ひと流しで1時間くらいだと思います。途中途中に根と砂地があり根回りではカサゴ、ソイ。砂地ではカレイやヒラメもゲストとして釣れます。

テンヤや鯛ラバではお土産のゲストが美味しい魚というのは嬉しいですね。

今日は重めのタイラバを持参するのを忘れてしまい唯一持っていたシマノのTGヘッド90gです。

20160302171622
赤ネクタイにオーロラフィルムですがシルバーブルーのヘッドだとイマイチな気が(笑

さらに今回の釣行では新しくローギアのリールを用意しました。
それがこちら!

2016030217162820160302171629

シマノのカルカッタコンクエスト201!ベイトで初のマイクロモジュールギア搭載で驚くほどなめらかなば巻心地です。
オフショア用のおシアにしようか迷ったのですがライトゲームでキャストもしたいので今回はカルカッタを購入。
久々に買って本当に良かったなと思うリールです!

ローギアなので程よい速さで巻くことができるのも鯛ラバでは大きなアドバンテージなります。
人はゆっくり動作するよりはある程度の速さで動作する方が滑らかな動きになります。そう言う意味ではローギアで早巻きするのが最もスムーズな巻スピードになりますね。

ちなみに今日の釣果はというと・・・・

オレンジネクタイに変えたら3キロオーバーのヒラマサゲット!
ローギアなので掛かったあとも楽です

20160302171637

 

ちなみにヒラマサはワラサよりも筋肉質で淡白です。しっかりと血抜きして処理すれば5日くらい経った位で刺身でもだべ頃になります。

よく、新鮮な方が美味しいという人がいますが1キロ以上の魚は寝かしたほうが断然に旨みが出ますね。

早く食べて次回の釣りに行かないと!!

人気記事一覧

-ヒラマサ, 実釣, 未分類, 鯛ラバ

Copyright© ライトゲームフィッシング.com , 2017 AllRights Reserved.