マリブエクスプローラ 実釣 鯛ラバ

福岡|マリブで鯛ラバ!中鯛、ワラサ、マトウダイ、アコウ、キジハタ、カサゴ!

投稿日:2016年12月20日 更新日:

福岡のマリブエクスプローラーさんに鯛ラバ釣行に行ってきました。
福岡といえば鯛ラバの聖地!というイメージ(勝手な)ですが実は鯛ラバだけでなく福岡での釣りは初めてです。
前回、マリブさんに予約したときは悪天候のため中止、今回は前日まで天気を確認してからの予約、前日入りの強行スケジュールです。

そのおかげ?天気は最高の釣り日和です。早速、港について出港準備です。今回、乗船した船がこちら

うーーんカッコいい!!欲しくなりました(笑
船長さんが『昨日は浅場がダメだったので深場まで行きますけど時間大丈夫?』とのことでなんと壱岐まで行きます。それでも移動中はキャビンの中で快適に過ごせます。途中で今年の釣果を聞いていると真鯛は1400枚、ほとんどが60オーバーで70、80、90も普通に出るとのこと。これは期待せずにはいられません。

1時間半かけて壱岐に到着、早速釣り開始です。水深は90mちょいで魚探には中層から底までベイト反応がビッチリです。
期待を胸に一投目、パラシュートを入れてくれたので100gで余裕でそこが取れます。潮は0.6ノットくらい。

初めに使ったのは前回の鯛ラバでもヒットしたジャッカルのビンビンワームにシマノのノレソレの集魚ネクタイの組み合わせです。

数回落としていくとフォール中にアタックする反応が!フォールで素直に鯛ラバが落ちていかずに竿先にもアタリが出ます。止めて巻き上げるとヒット!!グーッと重い引きで大鯛か?と思いましたがその後はドラグが出ても鯛独特のタタキがありません。船長も『ヤズかな』(九州ではブリの子供をヤズといいます)。ここで時間かけても仕方ないので指ドラグで無理に上げるとラインブレイク。同じ時に同船者にも同じアタリがあり上がってきたのは3kくらいのワラサでした。

ラインを結びなおして落とすと直ぐにヒット!さっきと同じ引きですが今回は上がってきます。上がってきたのは3kのワラサ。
すると船長が『ヤズばかり釣れるので移動します』。うーん、ここでジギングやりたいと思うのは私だけでしょうか(笑

今回、使用したロッドはヤマガのシーウォークタイラバ68Lです。ヤマガは魚が掛かったあとのロッドの曲がり、バッドの強さが本当に素晴らしいです。昔、ヤマガのメバルロッドで70オーバーのシーバスを釣っていたら他の人に驚かれましたが細いブランクスでも大物をグイグイと上げてきます。

ちなみに船長もおなじ68Lでしたがスパイラルガイドにオリジナルチューンしてました。マリブさんにはヤマガのスタッフの方もテスト釣行などで乗船するらしく、マリブさんのレンタルロッドは全てヤマガ!なんて贅沢な・・・。

その後に移動を繰り返し各流しでポツポツと釣れます。
キジハタ、マトウダイ(デカかったです)、ホウボウ、ユメカサゴ、スルメイカなどなど。
しかし、本命の真鯛だけ釣れず・・・。

すると同船者に鯛のあたりが!ドラグも出ています。すると船長が『そんなに大きくないよ、ドラグ緩いんじゃないの?』と調整。『ドラグ緩いね』といって上がってきたのは3k弱のきれいな真鯛です。
関東ではキロオーバーの真鯛でドラグが出るくらい(ドラグ1くらい)ですがマリブさんでは大鯛ねらいのため3kくらいではドラグを出さないようです。

上がてきたら『可愛い鯛だ!』。関東ならナイスサイズなんですが・・・博多のポテンシャルの高さを感じます。

釣った魚は生簀に入れておいて最後に船長が神経締めをしてくれます。

ラインも結んでくれたり、魚を外してくれたりとサービス満点。
そして、大鯛が当たり前に釣れるという最高の船と海でした!

最後に真鯛とアコウは知り合いの寿司屋で美味しくいただきました。
次回は水深等も分かったのでがっつりと用意して大鯛狙います!

人気記事一覧

-マリブエクスプローラ, 実釣, 鯛ラバ

Copyright© ライトゲームフィッシング.com , 2018 AllRights Reserved.