実釣

東京湾|太刀魚(タチウオ)ジギング

投稿日:2015年9月1日 更新日:

久々の更新になってしまいました。

8月は盆休み、台風の影響で外房は全滅・・・。

ということで台風でも釣りができる!東京湾に太刀魚ジギングに行ってきました。
ロッドは鯛ラバで使用しているロッドと同じがまかつのライブラ180MLです。
ちょっと短いのですが鯛ラバからライトジギングまで何でも使える便利なロッドです。
ラインはPE0.6~1号でそれ以上太い意味はありません。
リーダーはフロロと言われていますが私はナイロンの30~50ポンドを使用しています。根に潜られるわけでもないのでナイロンだから切れるということはないですね。

20160302160801
20160302160814
20160302160802
20160302160805
東京湾の太刀魚ジギングはフロントとリヤにトレブルフックを付けます。太刀魚用だとバーブレス(かえし無し)ですがかえしがある場合には前もって潰しておいたほうがいいですね。

それでもテンションをかけたまま柔らかいロッドで巻いてくればバレることはほとんどありませんので。

基本のアクションはワンピッチージャークでアクションは1秒1回くらい。ロッドを上にあげるときにハンドルを巻き上げてロッドを下げるときにはハンドルを下げます。左右の手を一緒に回す感じですね。

これを基本として途中でストップを入れたりスピードを変えたりします。私の場合はストップよりも止めて竿先を下げてフォールさせるほうが食いのタイミングができるように感じます。

あとはジグのカラーですがパープルを基本にピンク、赤金で周りの釣れている状況を見ながら当たりカラーを見つけるのが釣果を上げるコツになります。

また、太刀魚はヒットしたあとに上(船)に向かって泳いでくるのでラインが緩んだり巻が軽くなり『バレたかな?』と思うのですがそこで緩めてしまうとバレる原因になるので巻き続けるようにしてください。

時折、ゴゴっと引けばかかっている証拠です。

とにかく食べて美味しい魚ですのでお土産にも喜ばれますね。

人気記事一覧

-実釣

Copyright© ライトゲームフィッシング.com , 2018 AllRights Reserved.