ジギング 実釣

東京湾|タチウオジギング|フォルテン限定カラー

投稿日:2015年10月13日 更新日:

先月(9月)20日に宮川丸さんからタチウオジギングに行ってきました。

最近はタチウオにサワラなどの青物も混じり始めていると聞いたので青物も視野に入れたジグをセレクト。

選んだジグはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Blueblueのフォルテン120gです。
フォールの速さが売りのジグでカラーはブルピン!お気に入りのジグですでにボロボロ。

まずは、観音崎沖の50mからスタートです。タチウオジギングではカラーローテーションが大事と言われていますが個人的には巻スピードと棚の方が大事だと思っています。

実際に船中でも釣れている人は同じカラーでも早巻きであったりスローであったり、時にはただ巻きであったりと。
そう言う意味ではカラー以上にパターンが存在すると思います。

ちなみに、
この日は高速巻きがドンピシャ!こんなスピードに追いつくの?というくらいのスピードのワンピッチジャークで巻いてくるパターンがあっていました。

また、これまでの経験ではタイミングが合っていると口にしっかりと掛かってきますが、タイミングが違うとスレ掛かりが多いように思います。

そんな感じでぽんぽんと釣り上げていると隣の方が『弊社のルアーありがとうございます!』
なんと、BLUEBLUEの方でした!!

よく釣れているので何のルアー?と見ていたのとのことですがカラーが通常カラーでないので違うかなと思っていたそうです。
実はこのカラーは愛媛?かどこかのショップにしかない限定カラーだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう、ボロボロですが・・・。

タチウオ用のカラーも今後は力を入れていくということなので楽しみですね。

フォールが速く水深も20~80mくらいまでは余裕で使えるのでパイロットルアーとして使えますね。

人気記事一覧

-ジギング, 実釣

Copyright© ライトゲームフィッシング.com , 2018 AllRights Reserved.