実釣

南房・布良港の松栄丸で一つテンヤ・鯛ラバ!アカハタ、イシダイ、カサゴ、メイチダイ、メジナ

20160630092330

昨日は南房(千葉の館山)の布良港から出船している松栄丸さんに一つテンヤをやりに行ってきました。

松栄丸さんでは昨年の10月から一つテンヤ・鯛ラバ船を始めたとのことでその時には40cmオーバーのアカハタが釣れる時には1人で二桁いく時もあったそうです。

ひとつテンヤのターゲットはアカハタ、カサゴのロックフィッシュを中心にイシダイや真鯛、ヒラマサやカンパチまで!!

ポイントは布良港から10分程度でつく布良瀬と呼ばれるポイントです。沖ま瀬が続いていて潮がぶつかって流れができたりする青物でも一級ポイントだそうです。

今回はテンヤでロックフィッシュということで潮が流れすぎないポイントを探していきます。

まず、ポイントについて水深は12m、とりあえず5号のテンヤをセットしてキャストすると直ぐにゴゴっとあたりが!

20160630092330

40cmオーバーのアカハタでした。これは幸先いいかなと。

続いて同じポイントで40cmのジャンボカサゴとメイチダイをゲット!!

20160630092541

メイチダイは関東ではあまり人気はないですが関西では浜値は真鯛より高い高級魚だそうです。

ポツポツとポイントを移動しながら攻めていると今までにない強烈な引きが!!

ドラグもガンガンになています。タイのように叩きがないので青物かなと思っていたら・・・

20160630092730

私の本命!!石鯛でした。43cmで1.5キロくらいですがさすが石鯛の引きですね。さらに浅瀬なのでネットに入れる寸前まで油断できないくらいに引きます。

その後も順調に釣れていましたが今回の釣行で試したい釣り方があったので実釣してみることにしました。

その釣り方とは・・・

20160630093034

活きた蟹でのカニテンヤです。外房でも内房でも釣った魚が口の中から出す餌はほとんどがカニです。ということでマッチザベイトのカニはどうなのかと!

鹿児島の錦江湾では活き海老が手に入るのですが関東では難しいです。しかし、カニなら手に入るんです!!

とりあえず、今回はチヌの落とし込みのし掛けに5号のオモリをつけて挑戦してみました。

結果はというと・・・

20160630093318

ゲーーーっと!

この日は2人しかいなかったのでカニの方が釣果がいいか?というまでは解りませんでしたがカニのメリットはエサ持ちがいいことです。魚に食われないかぎり餌が落ちることはありません。

もう少しこのカニテンヤは研究してみたいと思います。

その後に真鯛、グレもつれて5種目達成~

20160630093533

真鯛の一つテンヤとはちょっと違ったゲーム性の高い釣りなのでルアーマンもハマると思います!!

ちょっと今年は松栄丸さんに通ってみます!