スロージギング ライトジギング 青物

外房|大原|スロージギング、ライトジギングでヒラマサ3.2k

投稿日:

今回は外房、大原の長福丸さんに午後便のお手軽ジギングに行ってきました。
狙いはジギング、スロージギングでの青物(ヒラマサ・ワラサ)です。

長福丸さんには一つテンヤをやったことはあるのですがジギングは初めてです。初めてのときにはラインの太さ、水深、ジグなどを聞いてい行くのですが今回は『お手軽ジギング』ということなので謎です。とりあえず、お手軽=ライトタックル?かなと思いPE1.5~3号のタックルを準備。万が一のために4号の1セット用意していきました。

船長さんにタックルを聞くとPEは4~5号のお客さんが多く細いと3号の人もいるとのことです。釣果情報見てもヒラマサは3キロ前後なのでPE2号でも大丈夫かなとライトタックルで準備。早速乗船します。

一つテンヤの時は港から10~20分でポイントに着くのですが今回は50分くらい走り沖に向かいます。ポイントに到着後、私を入れて5人だったので片舷で流します。一流し目はスローで探ります。基本のワンピッチ、ハイピッチ、ロングジャーク、コンビネーションなどやりますがアタリなし・・・。なにか嫌な予感が(笑

2流し目で隣のアングラーの竿先が曲がります!ココッときましたがバイトまでいたらず。しかし、これでやる気も出てきます。
次の流しで隣がヒット!!ドラグも出てヒラマサです!そして、続いて私もヒット!!ダブルヒットで上がってきたのは3キロ弱のヒラマサでした。

ここは30mから40mに落ち込むポイントということで着底のときにラインマークをチェックし水深が深くなったところで探ったらヒットしてきました。

使用したジグはCBマサムネ115gです。ロッドはヤマガのギャラハド 59/4 トラベックスにシマノのツインパワーsw5000XG、ラインはオシア2.5号でリーダーは40ポンド。一日振っていても疲れないですし3キロくらいのヒラマサであればドラグを出すこともなく釣り上げることができます。

とりあえず、1本ゲットしたのでスロージギングにチェンジします。
ロッドはオリムピックのプロトンEX622-3にオシアコンクエスト201HG、ラインはオシア2.5号です。オリムピックのロッドはグリップジョイントが多く持ち運びしやすいので便利ですね。固さ的には150~200くらいが気持ちよく動かせます。

今回使用したジグはシマノのオシア スティンガーバタフライ ぺブルスティックです。

オシア スロージギング

着底して短めのワンピッチをすると底から5mくらいでドーンとあたりが!今回はドラグも出ていきます。(ドラグは2.5kくらい)指ドラグで調整しながら少しづつあげてくると上がってきたのは3.2kの丸々としたヒラマサでした。

ヒラマサ スロージギング3.2k

コンディションがいいヒラマサだけに嬉しいですね。

その後は1回バイトありましたが乗らず終了。今回はヒラマサ2本という釣果になりました。
しばらくスロージギングでの青物狙いにははまりそうですね。

人気記事一覧

-スロージギング, ライトジギング, 青物

Copyright© ライトゲームフィッシング.com , 2017 AllRights Reserved.